反応点治療

反応点治療
著者:河村廣定
価格:3,570円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

はり灸師が教えるツボ刺激による自己ケア

はり灸師が教えるツボ刺激による自己ケア
著者:河村廣定
価格:2,100円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

<

カテゴリー: 腰痛

線維筋痛症3


程度の差こそあれ、肩こりも、首の痛みも、腰痛も、四十肩も、あるいは膝の痛みなども、線維筋痛症である場合が多いと思われます。

これらが群発多発して、通常の生活が送れないほどになると線維筋痛症という病名がついて治療の対象になるでしょう。

しかし、通常の肩こりや腰痛では治療の対象としてはあまり重要視されないようです。

また、線維筋痛症の原因もはっきりしていないと言われていますが、自律神経反射にポイントがあると思っています。


下記リンクの書籍「椅子がこわい」は、夏樹静子さんという作家さんがご自身で体験された腰痛についての体験記です。
夏樹静子さんは死にたいと思うほどの腰痛を体験されました。
西洋医学から始まって鍼灸を含め色々な治療法を試されたそうです。
最終的には「心因性疼痛」として書かれていますが、これも線維筋痛症であったと考えられます。
ひどい腰痛持ちの方は一読してみると面白いと思います。

腰痛放浪記椅子がこわい

腰痛放浪記椅子がこわい
著者:夏樹静子
価格:420円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

線維筋痛症2


線維筋痛症というのは、言ってしまえば筋肉の痛みです。

でもいわゆる「筋肉痛」ではありません。
一般に言う所の「筋肉痛」は運動などで、筋繊維がミクロレベルで損傷し傷を負った状態です。

線維筋痛症は筋肉のこわばりによって起こります。
通常、力こぶを作ったり筋肉に力を入れても痛みは発生しません。

しかし、線維筋痛症は筋肉の繊維の一部が強張ったままになり、通常の筋肉との間に可動範囲の差が起きて筋繊維間で引っ張り合いを起こし、それが痛みになるのです。

それが筋肉痛ではない、筋肉の痛み、線維筋痛症です。

線維筋痛症


「線維筋痛症」という病気があります。

比較的近年に認知されるようになった病気です。
認知されるようになったのは近年ですが病態としては昔から有るものです。

Wikipediaを見ると様々な症状が連なっていて、しかも原因は不明です。
線維筋痛症

簡単に言ってしまうと、「人によって色々な場所に痛みが出るが原因が不明なもの」です。
もっと有り体に言ってしまえば「肩こりや腰痛などがものすごくひどくなったもの」とも言えます。

線維筋痛症の正体はまた明日。

全身治療の意味


『腰が痛いのにお腹に鍼を打つのはどうしてかというと、腰痛の原因は内臓の病気が関係しているからです。また、病気といっても自覚症状がないことのほうが多いのです。小さな病気が大きな病気に発展する可能性があります。その前に治療して快適な生活を送りましょう。』

『はり灸師が教えるツボ刺激による自己ケア』
河村廣定 P18


-あっぷるメモ-
鼻炎が肩こりを引き起こすことがあります。
胃炎が背部痛を引き起こすことがあります。
生理が腰痛を引き起こすことがあります。
便秘が肌荒れを引き起こすことがあります。

小さな病気が、大きな症状に現れることがあります。

特に肩こり、腰痛など、筋骨格系の障害の場合は特に表に現れた症状にばかり目が行って、その元になってる部分がないがしろにされがちだと思います。
肩こりや腰痛を、治しても治してもまた悪くなるという場合などは、内臓に問題がある場合があります。

反応点治療では、辛い場所の治療と、その原因と考えられる内臓の治療の両方を治療いたします。



はり灸師が教えるツボ刺激による自己ケア

はり灸師が教えるツボ刺激による自己ケア
著者:河村廣定
価格:2,100円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ほとんど全ての病気は


ほとんど全ての病気は生活習慣病です。

普通、生活習慣病というと、2型糖尿病、肥満、高血圧、心臓病、ガンなどが挙げられます。

しかし、もっと広義にとらえれば、肩こり、腰痛、便秘、生理痛、うつ病、その他多くの病気が生活習慣と密接に関係しています。

うつ病の一番の特効薬は仕事を辞めることです。

定年退職したら長年の腰痛がなくなったという話も聞きます。

仕事を変えて生活を変えると病気がなくなることはよくあります。

仕事を変えても病気がなくならないって人はたぶん、前と同じような職業で同じようなストレスを抱えてるのでしょう。


生活に運動を加える。生活に鍼灸を取り入れる。

これも生活習慣を変える一つの手ですよ。\(^o^)/