鴨の舌


鴨を解体していてふと脳裏に「鴨の舌」という単語が出て来ました。

どこかで読んだか誰かに聞いたかした気がする。
珍味だったかな?

すぐにネットで調べてみると、やはり珍味としてあるようです。
鴨舌(ヤーシャー)というらしい。
画像検索したらいっぱい出た。w

特に取り方、食べ方が乗ってなかったので我流で食べてみました。w

まず、鴨の頭を用意して皮を剥いで茹でます。

これはカルガモ。
中に舌が見えます。

裏返して顎の下からべりべりっと剥がすと取れました。

気管等は硬そうなので外しました。

舌の表面の白い皮も硬そうなので爪でしごいて取ります。

キンクロハジロとコガモの頭もあったのでゲットしました。
同じく気管と表面の白い皮を剥がしました。

上からカルガモ、キンクロハジロ、コガモの鴨舌です。

ジャジャっと油で炒めて砂糖と醤油で味付けしました。

実食!
中に軟骨か何かありますが、舌自体はクニュクニュコリコリしてて、脂が乗っててうまいです!\(^o^)/
なるほど、これは珍味として食べられるのもわかる気がします。

皆さんも鴨の頭が手に入った際はぜひ食べてみてください。(・ω<) ごちそうさまでした!\(^o^)/

そんなんあるんや!と思った方はポチっとおねがいします。\(^o^)/
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

にほんブログ村



カテゴリー: 料理   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です