エアライフルで鹿が獲れたので考察


前回、子鹿とはいえエアライフル一発で鹿がとれたので解体しながら考察です。

鹿の死体、解体写真注意です。

鹿を解体した時に銃創を探してみると眉間のすぐ横ところ辺りにありました。

多分ここに当たったんだと思います。

なのでそこを切開してみると、

鼻筋の脇から弾が入ったようです。
丸い傷跡のすぐ上の長細い傷は骨がどのくらいの硬さかナイフを刺してみた跡です。
鼻筋の脇は骨が密ではなくやわらかかったため、弾が入ったようです。

2発目の止めさしも頭に撃ったのですがそちらはきちんと検証せずです。(−人−)

そして、後頭部にナタでヒビを入れて、ペンチで頭蓋骨を割って、そーっと脳をとりだしてみると、、、

硬膜下血腫?くも膜下血腫?とゆーのですかね?
脳で出血していました。

そして脳みその下部から弾が出てきました。

これが初弾か止矢かわかりませんが脳への損傷、出血が仕留めれた原因だと思われます。

エアライフルで鹿が獲れてビックリと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

にほんブログ村



カテゴリー: エアライフル, 狩猟, 解体   パーマリンク

エアライフルで鹿が獲れたので考察 への4件のコメント

  1. 空気銃未取得、検証中 より:

    こういった詳細な写真と実績があると将来ハンターを目指すものにとって助かります
    本当にありがとうございます
    空気銃狩猟は歴史が浅いのと昔の低力時代のこともあり四本足を狙うと
    賛否両論がありこういった業績があると色々勉強できていいですね
    私は生物系の学校に進み哺乳類の解体が面倒でしんどいのを経験しました
    特に脳はしんどかったです傷つけては研究対象にならないし油断したら自分を切っちゃうし地で滑るし、
    その上でネットで公開してくださる貴殿の行為はすごいと思います
    これからも頑張ってください

    • apple hunter より:

      コメントありがとうございます。
      空気銃で四足獣狩猟は賛否両論ありますね。
      一応自分の中で哲学を持ってやっております。(^_^)

      私は医療系のはしくれで、座学で一応人の解剖学は学んだので比較しながら見ると楽しいです。
      解体は結構大変ですね。
      特に割れた骨は危険です。(^_^;)

      最近はブログサボってますが参考にしてもらえると嬉しいです。

  2. やす より:

    空気銃での狩猟を目指しています。鹿を射止められたとの記事を見て、楽しくなりました。使用された銃・ペレット・鹿までの射程(おおよそ)を教えて頂けませんでしょうか。今後の参考にしたいと思います。

    • apple hunter より:

      コメントありがとうございます。
      前日の記事で記載したとおり、距離は20〜30mほどだったと思います。
      空気銃はエバニックスのレインストーム。
      ペレットはFX プレミアム 5.5mm 16グレインを使用しています。

      この記事の時は相手が子鹿で距離が近く当たりどころが良かったせいで獲れた可能性が高いです。
      実際に鹿や猪を空気銃で獲りたい場合は25口径(6.35mm)で45ft/lbsくらいの最上級のハイパワーモデルでないと難しいと思います。

      罠にかかった獲物の止め刺し程度なら普通のエアライフルでも何発か撃てば大丈夫と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です