ヌートリアを一匹プレゼント。(グロテスク画像注意)


2015年12月17日木曜日。

木曜日はお休みの日です。
前日の鹿の解体で疲れきって寝ていると知り合いの猟師Tさんから電話が。
「ヌートリアが罠にかかったけど要る?」
とのこと。/(^o^)\

先日は解体した後のヌートリア肉を頂きましたが、冷凍庫もいっぱいだし、丸っと一匹くれるそうです。(^_^;)
とゆーことで疲れを押してイソイソとTさんちへ。

まだ罠に入ってるので一緒に回収に行きます。

こちらがかわいいヌートリアさんです。

空気銃2発で止め刺ししました。(−人−)

顔はカピバラに負けずかわいいですがしっぽはネズミです。(^_^;)

今日は鹿と比べてちいさいので山で吊るして解体しました。

皮はめっちゃモフモフで暖かそうで丈夫そうで、なるほど毛皮目的で輸入されたんだなと分かる感じでした。

お腹の中はこんな感じ。
金玉見えてますね。(^_^;)

バラしたあとの写真撮り忘れた。(^_^;)
そんな感じで今回は主要な肉だけ取って、残りの残滓は埋めて帰りました。

機会があれば皮はなめしてみたいな〜と思いました。

↓ポチッとして頂けるとブログを書く気力が湧いてきます。ヽ(^。^)ノ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ



カテゴリー: , 解体   パーマリンク

ヌートリアを一匹プレゼント。(グロテスク画像注意) への5件のコメント

  1. トキハ より:

    おはようございます。
    だいぶ以前から拝見しています。

    わたしもこれからエアライフルの所持許可を申請する予定でいますので、こちらは大変楽しみであり参考になっています。
    他のブログではモザイクがかかって肝心なところが見えない(笑)ですが、こちらではズバッと画像が確認できるので助かります。
    今は、狩猟対象の鳥(鴨類)がすぐに判別できるのかが不安。(禁猟区ですが家の前の海辺には嫌ってほどのオナガガモやコガモが浮かんでいます)
    さらには無駄なく獲物をさばけるか、の二点が懸案です。

    いとも簡単に獲れたような記事ですが御苦労も多いでしょう、これからも記事の更新を楽しみにしています。

    • apple hunter より:

      コメントありがとうございます。

      写真は、、、加工するのがめんどくさいのと、隠すほどの内容も無いのが実際の所です。(^_^;)
      知識は経験が加わって知恵になるといいます。
      狩猟鳥獣の判別も、獲物の捌き方も、数を当たるのが一番だと思います。

      お互いに楽しんでやっていきましょうね。ヽ(^。^)ノ

  2. 兵庫北部 より:

    こんにちは!
    私も解体時の写真を加工無しで掲載されているのはとてもありがたいです。
    これから必ずやらなくてはあかんのでとても勉強になります。
    一部の批判的な人から叩かれている方もいますが、狩猟の実際なんだし、何が悪いのか疑問です。
    自分もブログとかfacebookとかでそのままアップすると思います。

    • apple hunter より:

      こんにちは。
      カジキやマグロが良くて、なぜ鹿や猪、クジラやイルカがダメなのか。
      人それぞれ考え方が違うので仕方ないですね。(^_^;)

      ブログは見に来ないと見れないので良いと思いますが、Facebookはつながってしまうと問答無用で表示されたりするのでFacebookの方には精肉済みか、調理済みの物だけ載せるようにしています。ヽ(^。^)ノ

  3. 渋谷隆伸 より:

    はじめまして。当方北海道在住で獣医師を目指している学生なのですが、ヌートリアやニホンイノシシ等北海道に生息していない動物の頭骨の入手に難儀しております。もし頭骨を廃棄しているのでしたら、冷凍着払いで送っていただくことは可能でしょうか。図々しいお願いで申し訳ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です