作成者別アーカイブ: BlackField

【Swift4】NotificationCenterの備忘録。

参考ページの劣化コピーの備忘録です。
詳しくは参考ページを見てもらったほうが良いかと。(-人-)

以下参考ページ。
iOSTraining/3-4_Notification-NotificationCenter.md at master · mixi-inc/iOSTraining · GitHub
[Swift3.1] NotificationCenterを使ってViewController間でイベント通知を送る – Qiita

NotificationCenterを使って通知のやり取りをしたい。

☆まずは通知を受け取りたい側にaddObserverの登録

viewDidload等で登録をしておきます。

通知を受け取って動作するメソッドcatchNotificationを実装

☆通知を送りたい側のVCに通知をPostする処理を書く。

通知を送りたい箇所でPost

多分これで通知が送られるはず。/(^o^)\

参考サイトではNotificationCenter.defaultをインスタンスにしてたり、
Extentionでの拡張により .myNotificationName というのを使っていたりしますが、
僕の頭ではよく理解できませんでした。/(^o^)\
多分あれだ、いっぺんに通知の名前を変更する時に打ち間違いや、やり残しをなくすためだな。/(^o^)\

【iPhoneX】レビュー Touch ID対応アプリでのFace IDの挙動

【iPhoneX】レビュー Touch ID対応アプリでのFace IDの挙動

iPhoneXを買う前にとても気になったのがTouch IDに対応したアプリでのFace IDを使った時の挙動です。

いくら調べてみてもiPhoneX本体のロック画面解除のFace IDの話と、
Face IDがTouch IDに対応しているという話ばかりで
実際にサードパーティ製のアプリでどのように対応しているかの情報は皆無でした。

なので動画を作ってみました。

このように起動時に自動でTouch IDでロック解除の設定になっているアプリの場合はノーアクションで解除されてしまいます。
apple Payのようにホームボタンを2回とか確認の手順はありません。
横に人が居るときうっかり解除されて見られたくないアプリの場合はアプリのTouch IDの設定を解除しておいたほうが良いかもしれません。(^_^;)

【iPhoneX】遅ればせながらのレビュー。画面サイズと黒。

iPhoneXを買いました。
【iPhoneX】遅ればせながらのレビュー。画面サイズと黒。

au online shopから自宅受取の注文。
iPhoneX スペースグレイ 256GB
10/27 16:15にオンライン予約で発売日には入手できず、
11/11に入荷連絡があり、本申込、
11/14にゲットしました。

まだ3日4日ほどしか使ってませんが良かったとこ、も一つなとこなどいくつか、思うままにレビューしたいと思います。
まあ、スマホ業界の中でも1,2を争う高額機種なんでね、車で言えばフェラーリかベンツか(イメージが古い?)ってとこなんで悪いはずも無いですよね〜。

今まで使っていたのがiPhone6Plusなので3年越しの機種変になります。

画面の大きさ

まず手に持った大きさは6Plusに比べて小さく当然持ちやすいです。
「本体サイズは小さくなったのに画面は大きくなってひろびろ!」なんてレビューを見かけますが、
実際に触った感じでは、インチ数は大きくなったけど縦横比が違うし、厳密に言えば、画面の幅は6Plusよりも少し狭く、それに追従して、表示される画面も小さくなっています。
ゲームをしていても最初は少し小さく感じました。
また、iPhoneXに対応していないアプリでは上下が黒く塗りつぶされて旧機種然とした表示なるので、ひと画面に表示される情報量が少なくなっていたりします。

↓こっちがiPhone6Plusでのスクリーンショットで
【iPhoneX】遅ればせながらのレビュー。画面サイズと黒。
↓こっちがiPhoneXでのスクリーンショットです。
【iPhoneX】遅ればせながらのレビュー。画面サイズと黒。

iPhoneXの方が若干表示域が狭く情報量が少ないのがわかると思います。

あと、iPhoneXはスクリーンショットが縦長で、上下の黒帯が残念、、、、。
ま、このへんはおいおいアプリが対応していくでしょう。

 

黒が素晴らしい。

iPhoneXには有機ELが使用されているそうです。
それがどういったものか詳しい説明はよそさんのHPに譲りますが、そのおかげで黒がめちゃめちゃ黒くて綺麗です。

今までの液晶は背面からバックライトで照らしているため黒色でも暗いところで見るとぼんやり光って見えたりします。
iPhoneXではそれがありません。
上記で書いたような上下に黒の帯を入れて旧機種っぽく見せれるのもこの黒があってこそな感じです。

↓この様に室内等の普通の明るさではベゼルと液晶の境は見分けがつきません。
【iPhoneX】遅ればせながらのレビュー。画面サイズと黒。

日中の屋外で見てやっとTrueDepthの存在がわかります。
【iPhoneX】遅ればせながらのレビュー。画面サイズと黒。

意識してみていると、アイコンに使われている黒、写真の黒、
そういったものがビシっとしていて見ているだけでワクワクします。ヽ(^。^)ノ

【Swift4】言語設定、書式設定、通貨コード、通貨シンボル

アプリ内課金の多言語化を調べててなんかややこしかったんと、
NSLocaleからLocaleに変わったとかでとりあえず備忘録。

参考サイトはこちら。
[Swift] 通貨コード/シンボル :: カテル開発ブログ
通貨 – NSLocale Swift 3 – スタックオーバーフロー
Locale.current.regionCode

実行するとこんな感じで書き出される。

languageCode(言語設定) = en
regionCode(書式設定) = US
currencyCode(通貨コード) = USD
currencySymbol(通過シンボル) = $

うじゃうじゃ。

p.s.
その他の参考ページ
iOSアプリの国際化対応の勘所とTips集(Swift版) – Qiita
Xcode 6で導入されたstringsdictファイルを使って、イケてる複数形多言語対応 – Qiita
iOS Tips #3 NSNumberFormatterで数値を文字列に変換する | Developers.IO

【Xcode9.0】アプリ内課金のシミュレータでエラー(SKErrorDomain error 0.)

アプリ内課金を書いてて、なんでか
「Cannot connect to iTunes Store」とか、
「The operation couldn’t be completed. (SKErrorDomain error 0.)」というエラーが出る。
ぐぐってみたところSKProductsRequestが問題っぽい。

アプリ内課金で、プロダクト情報を取り出そうとした時にエラーが返ってくる。
iOS11のシミュレータだとエラーが出るらしい。
実機やiOS10以前のシミュレータだと大丈夫っぽい。

先人に感謝。(-人-)

>

【swift3】segueで遷移先からコードで戻る方法

久々にxcodeをいじってて、segueで遷移した先のページからコードで戻る方法がわからず難儀した。

答えはこちらに有った。
『Swift』コードで画面遷移させたいときの方法 | ホホブクログ

例えばボタンで戻る場合、exitに繋いでも良いんだけど、コードで書くとこんな感じ。

これを調べるんに半日費やしたわ。/(^o^)\
うじゃうじゃ。

navigationbar、navigation itemのこと。

navigation controller とかまだ全然理解できてないなーと思う。

navigation controllerで上下関係?が作られるとそのview controllerには自動でnavigationbarがつく場合とつかない場合がある。
違いがよくわからん。

Storyboardでnavigation controllerを使い、出来たテーブルビューから更に下の階層を作る時につなげたview controllerに自動でnavigationbarが付く場合のやり方が分からず困った。

なんとなくそれっぽくうまく行ったので自分用備忘録。

下階層に繋げる新しいview controllerを置く。

navigationbar、navigation itemのこと。

上の階層から右クリックのドラッグで新しいview controllerに接続。
ダイアログが出るので、showを選択。

navigationbar、navigation itemのこと。

無事にnavigationbarがついた。

navigationbar、navigation itemのこと。

そんだけのことだけどわからないと困るし、結構悩んだ。/(^o^)\
うじゃうじゃ。

could not build module googlemobileads というエラー

Xcodeを7から8にアップデートして、
環境を2009のmacminiから2016のMacBook Proに移行して、
何が原因だかわからんが、ちょっと前に作ったアプリをエミュレーションで起動しようとしたらエラーが出た。
Objective-cで作ったアプリだ。

エラーメッセージはこんな感じ。
could not build module googlemobileads

どうもGoogleMobileAds.hが見つからん的なエラーが幾つか出る。
ぐぐったところimportの書き方を変えてみる的な記事が出てきたがそれでは治らんかった。

cocoa podでインストールしたものを削除して再インストールしてみたらどーかなとやってみた。

参考サイト
CocoaPodsのアンインストール方法 · Yukim Log

podファイルで
pod ‘Async’
だそうだ。

↓podファイル

んでもってターミナルから実行。

ディレクトリは移動しておこうね。ヽ(^。^)ノ

んで、アプリ.xcworkspaceも削除。

再度podファイルを編集

んで、ターミナルから実行。

新しく.xcworkspaceファイルも作られて、エラーが消えました。\(^o^)/

MacBook Pro 2016 late レビュー キーボードの使用感

MacBook Pro 2016 late レビュー キーボードの使用感

えーと、MacBook Proが届いてからちょうど20日ほど経ちます。

前機種のMac miniはほぼ防犯カメラ化していて、最近ちゃんと触っていませんでした。
んで、外でちょっと古いキーボードを触る機会があったのですが、、、

キーストロークが深くて「使いにくっ!」って思いました。
ガッシャンガッシャン押し込まないと認識されないというか、止まるまで押し込まないと気持ち悪いですよね。
また、押して離すときにバネで押し戻される感覚とかも、ちょっと気持ち悪いくらいでした。(^_^;)

人によって好みは別れるところですし、他のMacBookとかのキーボードは触っていないのでわかりませんが、
このMacBook Proのキーボードは気に入っています。

ちゃんとポコペコと押した感はあるし、指を乗せてても不用意に押せてしまうほど頼りなくもない、かと言って疲れるほど押さなくてもちゃんと押せる感じ。

まだちょっと、キーストロークの深さに対して押しすぎているというか、パツパツ叩き込んでる感じですけどね。
慣れもあるかと思いますが、それでもいーいかんじです。ヽ(^。^)ノ

MacBook Pro 2016 late レビュー キーボードの使用感

MacBook Pro 2016 late レビュー キーボードカバー

前回書いた本体のカバーと同じく意見が別れるのがキーボードカバーです。

見た目の美しさを取るか、ゴミが入らないようにカバーをするか、悩ましいところです。
僕はカバーを付ける派です。

で、買ったのがこちら。

シリコンタイプのものでカラーはクリアです。
キートップの色付きもあるようですが、capsのライトがずれているというレビューがあったのでクリアにしました。

乗せてみるとこんな感じ。
MacBook Pro 2016 late レビュー キーボードカバー

結構きれいですね。
しかしちょっとキーボードを打つと、、

MacBook Pro 2016 late レビュー キーボードカバー

打ったところが黒くなる。(^_^;)

ちなみにぺろっと剥がすとこんな感じ。
MacBook Pro 2016 late レビュー キーボードカバー

本当に好みが分かれるところですね〜。
シリコンではなくTPU素材の物もあったのですがまんよく手に入りませんでした。
ちょっとは違うのかなあ?

さてさて、
しばらく使い込んでくるとこんな感じに。
MacBook Pro 2016 late レビュー キーボードカバー

うーむ、よごれがひどい。
見た目が悪いと思うか、これだけのゴミがキーボードの隙間に落ちなくてよかったと思うか、
難しいところです。

あなたはどうしますか?(笑)