カテゴリー別アーカイブ: ツール

iPhone X モック画像10面

iPhoneXs MAX対応が必須になりますね。
3月27日以降、iOSアプリはiPhone XS Maxと12.9インチiPad Pro(2018)のサポート必須に – Engadget 日本版

だからというわけではないですが、iPhone X モック画像10面を作りました。
iPhone X モック画像10面

デザインなどにはあると便利ですよね。
こんな感じで使ってます。
iPhone X モック画像10面

ダウンロードはこちら

【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。

iPhoneアプリにFirebaseのAnalyticsとadmobを入れるために、firebase上でiPhoneアプリのプロジェクトを作成する。

前提としてFirebaseにログインできていること。
まずはFirebaseのコンソールでプロジェクトを追加します。
プロジェクトとアプリが連携できると自動でアナリティクスが開始されるようです。
Firebase console

↑Firebaseコンソールでプロジェクトを追加を選択。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。

iosを選択
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。

アプリのバンドルIDを入力
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。

GoogleService-Info.plistが作成されるのでダウンロードしてXcodeプロジェクトに追加。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。
copy item if neededを選びましょう。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。

cocoapodを使ってfirebase SDKを導入する。
この辺は前回やったやつ。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。

AppDelegateにコードを追加して接続。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。

アプリを起動して接続が確認されると、
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。
ここが、
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(2) 準備。プロジェクトを作成。
こうなる。

これでFirebaseとの接続が完了してAnalyticsが確認できるようになる。

【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(1) SDKを【cocoaPods】でインストール

【cocoapods】たまにしか使わないのですぐにわからなくなる。/(^o^)\ | iPhoneアプリ備忘録
前回↑から引き続きFirebaseのadMobを入れていきます。

参考サイト
iOS 用 Firebase 向け Google アナリティクスを使ってみる  |  Firebase
スタートガイド  |  Firebase

ってゆーかよく見直したらSwift3で似たような記事書いてる。/(^o^)\
【Swift3】と【cocoaPods】と【Firebase】と【adMob】 | iPhoneアプリ備忘録

ただこのあとにpodfileの書き方が変わってる。
【CocoaPods】Podfileの書き方が変わっていた。 | iPhoneアプリ備忘録

それらを参考にPodFileを書き換えます。

pod ‘Firebase/Core’
pod ‘Firebase/AdMob’
上記を追加しています。

で、保存したあとターミナルからインストールします。
Podfileのあるディレクトリを間違えないようにね。
で、

結果↓

とゆーことでFirebaseとAdMobが入りました。

xcodeでプロジェクトを開くときは、.xcodeprojファイルではなく、
新しく作られた.xcworkspaceファイルを開くことを間違えないようにしましょう。

【cocoapods】たまにしか使わないのですぐにわからなくなる。/(^o^)\

Firebase admobをやってみようと思った。
cocoapodsで入れるんだけど使い方忘れた。

って前にも書いたような気がする。/(^o^)\
超初心者向け【cocoapods】の始め方。 | iPhoneアプリ備忘録
【CocoaPods】Podfileの書き方が変わっていた。 | iPhoneアプリ備忘録

2年くらい前か。(^_^;)
バージョンも変わってるかなと試してみた。

とりあえずルビーのアップデートはこれでええんかいな?

結果↓

うむ。なんかエラーが出た。
後で調べたらここが参考になった。
gem updateでエラーが出た時の対処法 | ハックノート

よくわからんが

とやってみた。

結果↓

なんかインストールできたっぽい。
良かったよかった?/(^o^)\

インストールできたらセットアップも必要らしい。

結果↓

せったっぷかんりょうです。\(^o^)/

続いて、
podファイルを用意する。
まずXcodeのProjectのあるフォルダを表示。
【cocoapods】たまにしか使わないのですぐにわからなくなる。/(^o^)\
更にそのProjectの入っている一つ上のディレクトリに移動。

ターミナルをそのディレクトリに移動する。
ターミナルで、$ cd と書いたあとにProjectのフォルダをドラッグアンドドロップする。

で、

すると
そのフォルダ内にPodfileが作成される。

今回作成されたPodFileの中身はこんな感じ。

could not build module googlemobileads というエラー

Xcodeを7から8にアップデートして、
環境を2009のmacminiから2016のMacBook Proに移行して、
何が原因だかわからんが、ちょっと前に作ったアプリをエミュレーションで起動しようとしたらエラーが出た。
Objective-cで作ったアプリだ。

エラーメッセージはこんな感じ。
could not build module googlemobileads

どうもGoogleMobileAds.hが見つからん的なエラーが幾つか出る。
ぐぐったところimportの書き方を変えてみる的な記事が出てきたがそれでは治らんかった。

cocoa podでインストールしたものを削除して再インストールしてみたらどーかなとやってみた。

参考サイト
CocoaPodsのアンインストール方法 · Yukim Log

podファイルで
pod ‘Async’
だそうだ。

↓podファイル

んでもってターミナルから実行。

ディレクトリは移動しておこうね。ヽ(^。^)ノ

んで、アプリ.xcworkspaceも削除。

再度podファイルを編集

んで、ターミナルから実行。

新しく.xcworkspaceファイルも作られて、エラーが消えました。\(^o^)/

【CocoaPods】Podfileの書き方が変わっていた。

Cocoa podの Podfileの書き方が変わったらしい。

新しいMacになってCocoaPodsを使おうとしたらpodって何?って言われた。(^_^;)

すっかりやり方を忘れたので
超初心者向け【cocoapods】の始め方。 | iPhoneアプリ備忘録
これを参考にCocoaPodsをインストールし直した。

んで、以前のままのPodfileを使おうとしたら怒られた。

調べてみたらなんか書き方が変わったらしい。
参考サイト
Cocoapods 1.0.0で注意すること – Qiita

pod initでPodfileを作成して開くとこのような内容になっていた。

なので書き直した。

んで、pod installを実行したところ

こんな感じで無事に成功したようだ。

2019年3月2日追記
さらに記事書きました。
【cocoapods】たまにしか使わないのですぐにわからなくなる。/(^o^)\ | iPhoneアプリ備忘録

【ツール】app store用のスクリーンショットをリサイズ。

appStore用のScreenshotをリサイズするのってめっちゃめんどくさいよね~。
ちょっとでも簡単に出来んかと。

参考サイト
[iOS][Mac]iOSアプリ申請時に必要なスクリーンショット画像のサイズとリサイズについて | Coffee Breakにプログラミング備忘録

imagetoolsってのが使いよかったです。
リサイズする写真を読み込んでリサイズを選び名前も指定できる。

【ツール】app store用のスクリーンショットをリサイズ。

中々に良いです。

【ツール】app store用スクリーンショットをちょっとでも綺麗に。

app store用スクリーンショットで結構見栄えが変わる。
ダウンロード数も変わるかもしれない。
下記サイトは普通のスクリーンショットにiPhone本体の枠とコメントをつけた画像を作ることが出来る。

細かい機能を使うには有料だが、オーソドックスな使い方なら無料で使える。

Screenshot Builder – Create gorgeous images for the App Store or Google Play. | LaunchKit

【ツール】RGBの16進数表記をUIColorのコードに変換してくれるサービス。

参考サイト
RGBの16進数表記をUIColorのコードに変換してくれるサービス。

そのまんまコピーで申し訳ないが上記サイトで紹介されていた下記サイトが非常に役に立った。

RGBの16進数表記をUIColorのコードに変換出来ます。

HexRGB To UIColor