【Swift】CGFloat、CGPoint、CGSize、CGRect

よくわかんないので自分用まとめ。
よくわかんないので超ざっくりです。(^_^;)

参考サイト
Swiftで遊ぼう! – 249 – UIViewの座標システム: iOS12 – Swiftで遊ぼう! on Hatena
Swiftで遊ぼう! – 299 – Scroll Viewの座標システム – Swiftで遊ぼう! on Hatena
基本を理解するために(CGPoint,CGSize,CGRect,frame)

CGFloat
これは座標(x,y)や画像のサイズ(width,Height)などに入れる「数値」が入る型。Double型もしくはFloat型から変換できる。

CGPoint
これは座標を表す型。.xと.yのプロパティを持っている。もちろん(x,y)はCGFloat型。

CGSize
これはそのままサイズを表す型。.widethと.heightのプロパティをもっている。もちろんCGFloat型。

CGRect
これは、座標(CGPoint)とサイズ(CGSize)を持つ型。

まだまだよく分かってないっすね。/(^o^)\

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">