【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(3) AdMob用に新しいアプリIDとユニットIDを取得する。

前々回
【Swift4】と【cocoaPods】で【Firebase】の【adMob】と【Analytics】をインストール | iPhoneアプリ備忘録
前回
【Swift4】【Firebase】のプロジェクトを作成。【adMob】と【Analytics】の準備。 | iPhoneアプリ備忘録
からの続きでAdMobのアプリIDとユニットIDを取得します。

AdMobはアプリごと、広告枠ごとにIDをつくって使用します。
そのやり方。

まずAdMobのアプリのページに行く。
Google AdMob

アプリを追加を選択。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(3) AdMob用に新しいアプリIDとユニットIDを取得する。

公開済みかを選択。
まだならまだで大丈夫。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(3) AdMob用に新しいアプリIDとユニットIDを取得する。

アプリ名とプラットフォームを選択。
 【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(3) AdMob用に新しいアプリIDとユニットIDを取得する。

アプリがAdMobに追加されました。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(3) AdMob用に新しいアプリIDとユニットIDを取得する。

次の広告ユニットを作成に進みます。
まずは広告フォーマットを選びます。とりあえずバナーで。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(3) AdMob用に新しいアプリIDとユニットIDを取得する。

広告ユニットを設定します。
ユニット名はアプリ名も含めたほうがわかりやすいかも。
詳細設定も気になるようならいじります。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(3) AdMob用に新しいアプリIDとユニットIDを取得する。

これでアプリIDとユニットIDが完成です。
【Swift4】【Firebase】【AdMob】と【Analytics】(3) AdMob用に新しいアプリIDとユニットIDを取得する。

スタートガイド  |  iOS  |  Google Developersを参考に設定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">