MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1

MasterDitailをつかってTodoリストを作る手順を自分なりの備忘録として残してみる。

新規プロジェクトでMaster-Detail Appricationを作成。

MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1

Master画面の右上から直接新規画面に行きたいので右上のBarButtonItem関連を削除。

MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1

insertNewObjectsメソッドも使わないので削除。

MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1

画面をStoryboardに切り替えてBarButtonItemを設置、identifierをaddに変更すると+ボタンになる。

MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1

Detail画面のラベル関連setditailItem関連は使わないので削除。

MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1
MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1
MasterViewControllerにもあるので削除
MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1

先ほど設置したaddBarButtonItemからDetail画面にセグエを設定。
MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1

showを選択。
MasterDitailをつかってTodoリストを作る。じぶんなりに。1

これで、Masterがめんの+をクリックするとDetail画面に行くようになった。
一度Runさせて確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">