【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その2

前回(【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その1)cocoapodsで必要ファイルをインストールしたので続きから。

参考はこちら。
設定ファイルを取得する

前提条件として、アプリのバンドルIDが無いと進めません。
Google Analytics の登録も必須です。先に済ませてログインしておきましょう。

ではバンドルIDが用意出来たら続けていきましょう。
上記リンク先から「設定ファイルを取得」ボタンをクリック。

リンク先のページでアプリ名とバンドルIDを入力しましょう。

【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その2

入力したら国の選択が出るので自分の国を選びます。
Choose and configure services → をクリック。

Select which Google services you’d like to add to your app below.
で、Analyticsを選ぶと入力画面がプルダウンされます。

【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その2

Analyticsにログインしていれば
Google Analytics Account (Required)に自分のID?が表示されます。

Analytics Property (Required)で、
Create a new Analytics propertyを選択。

CountryとTime Zoneは日本で良いでしょう。

で、ENABLE ANALYTICS SERVICEをクリック。

【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その2

Analyticsにチェックが入るのでGenerate Configuration Files → をクリック。

【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その2

GoogleService-Info.plistをダウンロードします。

【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その2

ここまで来たら次はxcodeで作業です。
前回、cocoapodsでgoogleAnalyticsをインストールしたので「.xcworkspace」ファイルを開きます。

ダウンロードしたGoogleService-Info.plist ファイルを Xcode プロジェクトのルートにドラッグして、必要なターゲットに追加します。

【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その2

で、アプリ用にアナリティクスを初期化します。

まずはappDelegaeにインポート。
#import
didFinishLaunchingWithOptionsにコードを追加。

続いて実際にトラッキングを発火させる処理を記述。
とりあえず起動してviewDidLordで発火させて起動したことを知らせるようにします。

このトラッキングのなまえはMasterView DidLoadとでもしておきます。

うまく行けば、起動した時、リアルタイムのサマリーにカウントが表示されます。

【cocoapods】でGoogleAnalyticsを導入 その2

以上!\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">