CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。

意外と情報が少なかったんで自分なりに試行錯誤した記録。
自分用のメモなので間違ってたらスマン。

参考にしたサイト。
でんきゾウの備忘録 • UICollectionViewを使ってみる

Single View Applicationでプロジェクト作成。

CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。

ボタンとCollection Viewを設置。

CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。

セルの中にimage Viewを設置。

CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。

参考サイトにならい、UICollectionViewCellを継承してCollectionCellというクラスを作る。
CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。
CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。
CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。
CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。

CollectionCell.h
ヘッダファイルは、

メソッドファイルは、

と記述。

ボタンとコレクションビューのプロパティを作成
写真を入れる配列も作成。

続いてコレクションビューの主要部分

この辺はテーブルビューと似てますね。

上記のメソッドを入力したらdetaSourceとdelegateを接続。

CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。

CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。

セルのidentifierも設定する。

CollectionViewControllerではなくてCollectionViewを使ってみる。

続いて写真を選ぶ行程。
ボタンをアクション接続してそこからカメラロールへ写真を取りに行く。
戻ったら配列に入れてコレクションビューをリロードする。
ピッカーのためのdelegateセット。

メソッド

これでボタンからカメラロールに行って写真を選んで戻ってコレクションビューに入れると言うのが出来た。

全体的なソースはこんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">