【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。

参考サイトを見てもらったほうが速い。(^_^;)

参考サイト
【Swift】Xcode6でiOSアプリの多言語・ローカライズ対応のまとめ – mzgkworks

、、、だけではよろしく無いので簡単に画像つきで書いてみる。

File -> New -> File…で、Strings Fileを選択する
【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。
【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。

ファイル名:Localizable.stringsとして、Supporting FilesのGroupに追加
【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。

Localizable.stringsを選択して、ユーティリティエリアのShow the File inspectorで、Localize…をクリック
表示されたダイアログでBaseを選択し、Localizeをクリック
【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。

Localizable.stringsを選択して、ユーティリティエリアのLocalizationでJapaneseにチェックをつける
【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。

Localizable.stringsにLocalizable.strings(Base)とLocalizable.strings(Japanese)の2つが追加される
【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。

多言語化したい項目(タイトルやメッセージなど)のキー項目を値を定義する
Baseファイル
【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。

Japaneseファイル
【Localizable.strings】多言語化した後からとか、コードで多言語化。

多言語化したい部分のコードを変更。
NSLocalizedString(@”reviewButton”, nil)

これでiPhoneの言語設定によってローカライズされるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">