ひまわりばたけ ~妊娠→切迫早産入院→退院→出産→妊娠→切迫早産入院日記・ブログ~

破水からの出産スタート(39週5日)

39週5日の早朝3:30に、ふと目が覚めた私。なーんかお腹に鈍痛を感じました。
一旦ベッドに横になり、今度は少し強い痛みがドン!とあって、時計を確認したら3:40。その後も、鈍痛が続いたので、あっぷるを起こし、「病院に電話するわ~。行く用意してか。」とお願いし、私はすぐさま病院に電話を掛け、助産師さんを電話口に呼んでもらいました。
私は電話中も荷物を持ったり行く用意をしながら、状況を聞かれるがまま答えているうちに、スタスタ歩けなくなってきました。玄関ではしゃがみ込みながら電話をしました。歩ける時を見計らって、玄関から車まで急いで歩きました。
車に着いて、助手席のシートをめいっぱい倒して、後部座席のひまりんの手を握り、わたしは必死でした。
その間あっぷるは、ひまりんを起こし、車に載せ、私が持ちきれなかった荷物を載せてくれ、ようやく4時に出発でき、3人で病院に向かいました。

4時に出発し、4:20に病院到着するまでに、何やらどんどん頭が出てきてしまう感じが繰り返すようになっていて、しかも間隔が縮まっているような?
いきみたくなる感じがするたび、わたしが「まだ出てきたらあかんよ!!!まだ~!分娩室まではダメ!!!」と叫ぶので、その間隔を2人共測っていました。

「2分おきくらいやな、これ」。

そして病院到着。朝方なので車が少なかったのがせめてもの救い。車から降りて、すぐそこの緊急外来入り口まで歩くのも無理で、しゃがみこんでしまった私をみた守衛さん「車椅子ですか(車椅子が必要ですか)!?」
私「車椅子!歩かれへん!!」
そしたら別の守衛さん「そこ今から緊急車両入ってくるから車のけて」
あっぷるは20mほど遠い所へ移動、そこでひまりんを下ろす。
そしたらまた守衛さん「そこも困る。駐車場へ停めて」
ここらくらいで、私は車椅子に載り、「早く4階に上げて!!!」と叫ぶ。ひまりんと一緒に、病院の中へ入っていくと、すぐのところに助産師さんが来てくれていました。
わたしの乗った車椅子が守衛さんから助産師さんにバトンタッチされ、本当なら入ってすぐのところで受け付けするのだけど、すぐさまみんなで4階へ!

分娩室まで到着。もちろん陣痛室はスルーです。
行けるタイミングで車椅子から降りて、目の前の分娩台に移りました。
内診。子宮口は全開大。そうだと思った。/(^o^)\
左腕では点滴開始。別記事でも書いていたように、入院中のおりもの検査でGBS陽性。感染を防ぐため、抗生剤の点滴をしながらの出産です。

看護師さん「破水したのはいつ?」
ひまわり「破水?いや~わからないんですけど」
先生「破水は終わってるね。」
ひまわり(やっぱり、尿もれじゃなくって破水してたんだ!!!)

なんと、陣痛からだと思っていた出産でしたが、実は破水が先だったようです。

「まだいきんだらだめよ~。ながーい息で、ふーーーーーーーーーっ」
「ふーーーーーーーーーっ」
のどがかわいてきたので、助産師さんにリンゴジュースを飲ませてもらいました。
ここらへんであっぷるが到着。分娩までに間に合ってよかった。
すぐ録画をスタート。
「ふーーーーーーーーーっ」
「ふーーーーーーーーーっ」
「会陰切開するので、そのための麻酔をしますね~」(やっぱり今回も切るのね~)
「会陰切開しますね~」(あー切られたぁ。)

さて、「もういきみ逃ししなくっていいよ!」ということで、いきみました。
(もう我慢しなくっていいんだ!ひめりんも頑張ってる!わたしも頑張る!!!)

うーーーーーーーーーーーん!!うーーーーーーーーーーーん!!うーーーーーーーーーーーん!!

「はい、頭がでてきましたよ!」
「もう一回頑張ろっか!肩がでたら終わりです!!!」

うーーーーーーーーーーーん!!!つるりっ。ばしゃ~~~~~~
(羊水でてきた~)

「おめでとうございます!!!」4:39、出産。なんと安産な。
病院に着いてから2時間以内の出来事でした。(前回同様)

目の前には「びえーーー、びーーーーーえーーーーーーー」と泣く、ひめりん。
やっと貴方に会えた。
エコーでは、なかなか顔を見せてくれなかったね。
わたしがひまわりママです。よろしくね。

 

わたしもひめりんも、順次、処置が開始されました。胎盤も無事出てきました~。

さて、始まりました出産後の会陰縫合!
今回は、前回の痛みを知っている為、心の準備もできており、でも痛さを知っているから「これさえ終われば何も怖くない」の一心で耐えました。
ひめりんの写真を持ってきてくれ、「これを見て痛みよりこっちに気をそらすと痛みがマシかも」と一言。余韻に浸っているうちに終わればどんなに楽なことか。w
さらに、今回は産道?膣の内部が裂けていたようで、そこを先に縫ってもらいました。
そこは麻酔の効かないところ。ひえー来たー!/(^o^)\
まず痛いのが麻酔の注射の痛み!
その次にくるのが内部の縫合の痛み!

ひまわり「あとどのくらいですか~?」
先生「今、中が縫い終わったとこやから、あと半分ね~。5分くらい」
・・・・・・色んな所にぐっと力をいれながら、耐えた後は、麻酔の効いている会陰の縫合。なんと楽な。w

先生「おわりました~!お疲れ様でした」

出産より痛いし辛い縫合が終わった。一大イベント終了。
ここではじめて、「お産たいへんやったけどなんとか終わった~」になるのです。

今からは、2時間安静です。
出血が一気にあったためか、めちゃくちゃ寒く感じたので、湯たんぽで足先を温めてもらいました。

 

安静にしている時の過ごし方について。

①胎盤を見せて頂きました。

バースプランを誰も確認する間もなく、出産までを終えたわたし。
希望を書く欄にはしっかり「胎盤を見たい」と書いていました。
それを思い出したあっぷる。「胎盤まだ捨ててないですか?」あっぷるナイスアシスト!
羊膜とかを広げて説明を受けたあと、私が「胎盤何グラムでした?」
助産師さん「ひまわりさんの胎盤は763gですね~。」

でかすぎwwwwみんな500gとかですよ。
ここはひまりんの時も一緒でした。700gくらいと記憶しております。

 

②胎便を見せて頂きました。

さて、ひめりんの体重と身長を測る時、すでに胎便が出ていたようです!
あっぷるはしっかり「緑色の便」を見れた様子。わたしは、前回見逃しているので、今回はしっかりあっぷるに写真を撮ってきてもらい、それを見せてもらいました。
緑色の便、と聞いていたので本当に緑かとおもいきや、岩のりみたいな感じでした。

「こんなんなんだね~!」感動。お腹の中でいろんな練習・体験をしてたんだね。

 

③名前を決めました。

候補のなかから、今赤ちゃんをみた後で、「やっぱこれでしょ」みたいな流れになるのが不思議です。ひまりんのときも、そうでした。

 

5時前に、連絡を入れていたあっぷる母が病院に到着しました。
写真だけ見たようで、そのあとひまりんを連れて帰ってくれました。
分娩室に入れないひまりんは、出産中どうやって過ごしていたのか?
何と、陣痛室に1人で入れられたひまりん。カーテン越しには、ベッドに寝ている女性と、そのわきに座っている男性がいたそうで、その方たちがひまりんの相手をしていてくれたようなのです!
何とお礼を言ったらよいのか・・・感謝しきれません。

 

④カンガルーケアをさせて頂きました。

処置が終わり、カンガルーケア。びえー!と泣くのではなく、一仕事済んでいい疲れに浸っているような表情のひめりんでした。
助産師さんがひめりんにわたしの乳首を吸わせてくれました。まず左で10分くらい、そのあと右も10分くらい。
ひまりんの時はここまでしてもらえなかったので、またまた感動しました~!!!

お腹の中でいっぱい吸う練習してたもんね。上手!
4人で助け合って一緒に大きくなっていこうね。よろしくね。

 

時間が経ったので、部屋に帰る準備を始めました。
何かの数値をみて、点滴OFFにOKサインが出ました!お産の時間が短かったので、点滴も1袋だけで済みました!経済的♫針を抜いて、左腕さっぱり!

次は服を着替えます。今日はシャワーに入れないので、温かいタオルで体全体を清拭してもらい、来た時に来ていた服を、前開きの授乳服に替えてもらいました。顔は自分でふきました。めっちゃきもちいい~♫

ゆっくり起き上がり、車椅子に移り、部屋まで移動しました。時刻は7時前でした。
部屋のトイレの前で車椅子から降りて、トイレに1人で行けるかの確認です。→ふらつきもなく、大丈夫でした。
処置のときに当ててもらっていたパッドと、それを留めていたまわしみたいなやつを取ったはいいものの、どうやって巻き直すのかわからず、トイレの中から外の助産師さんに「これどうやってつけるんですか!?」と尋ねると、どうやら使い捨ての骨盤ベルトみたいなもので、汚れた部分を丸めて隠してそのままゴミ箱にポイしました。
自分で持ってきた産褥ショーツに悪露用の新しいパッドをつけて、ズボンを履いて、トイレからベッドまで歩いて戻りました。

朝食を食べる私を目の前にして、あっぷる「おなかすいたな~(^_^;)」
処置や観察や小児科の先生のOKが出るまで、病室にはひめりんは帰ってこないので、それまで待っているあっぷるなのでした。

ひまりんの時は、8時半にはひまりんと会えて帰っていたあっぷる。今回もそのくらいなんじゃない?と思って待っていたのですが、今回は8時半になってもひめりんは私達の病室に来ません。
何か異常が見つかったとか!?内心そう思っていた部分もありました。

やっと病室にひめりん登場!9時ちょうどでした。
先生からの説明と言われ聞きましたが、特に問題もないそうです!動画や写真を撮って、9:15にあっぷるは帰路につきました。

 

今回の出産は本当に車の中で産まれてしまいそうで怖かったです!
ひまりんも必至に手を握ってくれ、ひめりんに「まだ出たらあかんよ!病院で出てきて!」と叫び続けてくれたから頑張れたんだと思っています。
家族みんなに感謝。ひめりんに感謝です。

Related Articles:

    いつもポチッと応援有難うございます!\(^o^)/
    にほんブログ村 マタニティーブログへ

    BABY葉酸ママの恵み

    2 thoughts on “破水からの出産スタート(39週5日)

    1. てぃも

      おはようございます☆
      ひまわりさん、おめでとうございます!!!
      ひめりんちゃんもひまわりさんも元気そうで何よりです(^^)本当に病院まで間に合って良かったです☆読んでてハラハラしちゃいました!
      安産だったとはいえ、体は疲れていると思うので、病院にいるときは少しゆっくりしてくださいね☆帰ったら、4人での生活を楽しんでください☆

      1. sunflowermackey Post author

        >てぃもさん
        産後4日で退院しました~!\(^o^)/ありがとうございます!
        家に帰ってきてから今日で5日目。初めてひまりんと1日べたっと過ごしていますが、もうすでにお疲れモードです。/(^o^)\
        明日はあっぷる父母のところにお世話になろうと思っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です