ひまわりばたけ ~妊娠→切迫早産入院→退院→出産→妊娠→切迫早産入院日記・ブログ~

産院決定

ひまわり母は、大きい病院で私を産みました。

あっぷる母は、中くらいの地元の病院であっぷるを産みました。

 

大きい病院のメリット
・入院中や診察中、緊急事態があっても、いろんな科があるのですぐ対処できる

大きい病院のデメリット
・費用がかさむ
・毎回の妊婦健診は1日仕事

 

中くらいの地元の病院のメリット
・家庭で緊急事態があっても、近いのですぐ医者にかかる事ができる
・料金もまあまあ普通
・毎回の妊婦健診も1日仕事ほどではない

中くらいの地元の病院のデメリット
・近隣の人が行っていると、顔がさす
・施設的にそんなに新しくない

 

うーん、私、病院嫌いなんですよね。
今まで健康優良児で、骨折も手術も入院も薬も、幼児以降、大きな病気もなくここまでやってきた訳であります。風邪なんかももちろん引くこともありますが、薬なんぞ使いません。
食事と熱と汗と睡眠のみで治します。
今は簡単に帝王切開でメスを入れて産む方や、陣痛促進剤を使って産む方が増えていますが、昔の人は医者なんかに世話にならず、陣痛が来てやっと産む、しかもお産は自宅か畑か、みたいな(;´∀`)
女性には、産む機能が備わっているはず。食事や生活習慣の変化が、現代のお産事情を作ってるんだな~。と思ったわけです。
そこで!病院以外で、となると・・・自宅出産か、助産院か。
居住地付近に、自宅出産のサポートをしていただけるという情報は皆無。
必然的に、助産院希望となりました。

助産院の場所は、隣の市。実家のある市でもあります。よって、全く遠く感じません。
そして、もちろん立会い出産可能。
ということで、決定の運びとなりました。

Related Articles:

いつもポチッと応援有難うございます!\(^o^)/
にほんブログ村 マタニティーブログへ

BABY葉酸ママの恵み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です