【Swift5】pickerViewを2つ(以上)とdatePickerを設置して下から出るようにする。

定期的にpickerViewのこんな記事を書いている気がします。(^_^;)
pickerViewはよく使うけどアプリをたまにしか作らないのでその間にSwiftのバージョンも上がるし作り方も忘れるよね。

同じViewContorollerに2つ以上のPickerViewを設置し、datePickerも使って、しかも普通のキーボードのように下から出るようにしたい。
それに少し前の記事を参考に閉じるボタンも付けます。それは下記参照。
【Swift5】textFieldのキーボードに閉じるボタンを付ける。 | iPhoneアプリ備忘録

ではまず、3つのtextfieldを作成します。
autoLayoutは適当に。
スクリーンショット 2020-04-11 11.06.09

textfieldはそれぞれあうとれっとせつぞくします。
pickerViewのプロパティを2つと、datePickerのプロパティを作り、pickerViewに表示する配列も作成します。

UIPickerViewDelegate, UIPickerViewDataSourceを設定するとプロトコルに従いメソッドが作成されます。
UITextFieldDelegateも書いておきましょう。
とりあえずここまでのコード。

そして、プロトコルは置いといてキーボードをpickerViewに置き換える辺りの設定します。
基本的にはPickerViewにtagを設定し、textfieldのinputViewに設定します。
datePickerも同様に。
viewDidLoadから呼びます。

pickerViewのプロトコルの設定。
コンポーネントの数は1でコンポーネントに入る配列の数はtagで切り分けます。
コンポーネントの中身、配列もtagで切り分け。

pickerViewとdatePickerViewに変更があった時に呼ばれてtextFieldのテキストが書き換えられるメソッド。

いちおこれで完成。
IMG_6322

一応全コード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です