【iTunes】のデバイスのバックアップ先を変更。

最近のiPhoneの容量増大は著しい。
古いMacや割高なSSDを使っているとmac本体の内臓HDDにはバックアップしきれない。
そこで、外付けHDDにバックアップされるようにする。

参考サイト
Mac OS X iPhoneのバックアップファイルの保存場所を変更する | The Days of My Life
iPhone/iPadのバックアップの保存先を外付けHDDに変える方法【Mac OS:Mountain lion】

上記サイトを見ながらやってみたのだがターミナルのそうだがビミョーんに違ったので記録しておく。

まず、標準でiTunesからのバックアップはライブラリの中の、Application Supportフォルダの中の、MobileSyncフォルダの中のBackupという名前のフォルダに作られる。

ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup

このBackupという名前のフォルダをシンボリックリンクで外に作るのが目的。
ちなみに最近のMacOSではFinderでoptionを押しながらメニューの移動を選択しないとアクセス出来ないので注意!。

んで、外付けHDDにリンク先となるBackupフォルダを作っておく。名前が違うとバックアップされないようだ。
すでにitunesをしばらく使っていて中になんやかんや入っている場合はそのまま外付けHDDにコピーする。
【追記】シンボリックリンクのフォルダが作られるMobileSyncフォルダの中のBackupというフォルダはこの時点で削除するか別の場所に避難させておく。
MobileSyncフォルダの中にBackupというシンボリックリンクのフォルダを作成するため、古い同名のフォルダが有るとエラーで作成できない。

ターミナルを起動し、ln -sでシンボリックリンクを作る。

ln -s(スペース)リンク先のフォルダ(スペース)リンク元のフォルダがはいるフォルダ
となる。

ややこしいな。ww

実際にはターミナルでのコマンドは
$ ln -s /Volumes/SAMSUNG\ 1TB/ios_buckup/Backup /Users/(ユーザ名)/Library/Application\ Support/MobileSync

とゆーかんじ。

これで内臓HDDのMobileSyncフォルダに外付けHDDのBackupフォルダへのシンボリックリンクができるはず。

自分用の備忘録でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">