UIImagePickerを使ってカメラロールの写真を表示する。

UIImagePickerを使ってカメラロールの写真を表示します。
1年半くらいアプリ開発やってて写真とか画像とか扱ったことなかったことに自分でビックリ。w

とりあえず、Single View Applicationで新規に作ります。

UIButtonとUIImageViewを設置します。

UIImagePickerを使ってカメラロールの写真を表示する。

UIImageViewはimageViewでプロパティ接続、UIBttonはselectImageでアクション接続しました。

UIImagePickerにはNavigationControllerDelegateも必要なので、
を忘れずに。

以下簡単にコード。

起動するとこんな感じ。
UIImagePickerを使ってカメラロールの写真を表示する。

画像を選ぶ、を押すとカメラロールへのアクセスの許可を聞いてくる。
UIImagePickerを使ってカメラロールの写真を表示する。

カメラロールを選んで、
UIImagePickerを使ってカメラロールの写真を表示する。

写真を選ぶと、
UIImagePickerを使ってカメラロールの写真を表示する。

選んだ写真が表示されました。
UIImagePickerを使ってカメラロールの写真を表示する。

意外と簡単でした。ヽ(^。^)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">