鴨の羽根毟り with ワックス


先日、鴨が3羽取れまして、その羽毟りがとても大変でした

ところで、去年色々と調べていると、ワックスを使った羽毟りがとてもラクチンという話を色々なところで見ました。
そして、今期はすでに5羽が獲れています。

そして先日大変だっただけに導入を決定しまして、色々と情報を漁っていました。

どうやら、パラフィンワックスというもので良いようですね。
で、早速こちらを購入しました。

更に地元のホムセンで下記のような鍋も購入。

そしていよいよワックスが届きました。

しかしこのままでは鍋にはいらないので、木槌で破壊!

鍋に入れて弱火で溶かします。

パラフィンワックスは温度が引火点を超えると火が着いて火事になるので注意が必要です。
また、これだけの量をこぼすと、火傷だけでなく後処理なども大変です。
万が一の事を考えて本当は屋外か土間などで作業するのが望ましいと思います。

そして、溶かしている間に鴨の処理をします。
ボディの羽根はダウンを残して雑に毟っておきます。

そして羽根と首を持ってワックスにどぼーん。

この時、ワックスの温度が高すぎたのか油で揚げる様なジュワジュワいう音が。(^_^;)
温度計必須ですな。
今度買っとこう。

そしてバケツに貯めた水で冷やします。

固まったら剥がしていきます。

パリっと。

パリパリっと。

尾羽根の当たりもずっぽりと取れました。(*´ω`*)

気になった注意点として、ワックスに漬けて引き上げた時、垂れるワックスはシッカリと垂れなくなるまで待ってから固めないと、ワックスがムダになるし、硬くて割れにくくなるというのがありました。
逆に、ワックスがシッカリと回ってない部分もあり、慣れが必要ですね。

首、羽根、足なども処理して完成です。\(^o^)/

ベリっと剥がれたら気持ちよさそう!と思った方はポチ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

にほんブログ村

ちなみに送料込で考えると上記のワックスと比較して、↓こちらのほうが30円UPですが200g多いようです。(2015年12月現在)



カテゴリー: 解体   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です