鹿の脳みそフライ


鹿の脳みそといえばフライだよね。\(^o^)/

え?聞いたこと無い?
そうでもないでしょ?
今回は料理だけど見慣れないとちょっとグロいので耐性無い人はご注意下さい。

エアライフルによる子鹿のヘッドショットでの捕獲。
その検証のために取り出した脳みそ。
検証のためだけに取り出したわけではないですよ。

生物の脳みそは、魚でも動物でもおいしいんですよ!。

ただ、通常日本ではあまり食べられていません。
流通もしてませんしね。
でも世界的にはよく食べられているみたいなんですよ。

美味しんぼでも子羊の脳みそのフライが紹介されていたはず。

と、ゆー訳で取り出したるは新鮮な子鹿の脳みそです。

血腫があるので表層の膜を破って綺麗に洗います。

もともと柔らかい上に、表面の膜を取り除くと崩れやすくなるので取り扱い注意です。

綺麗になったら半分に切ります。
右脳と左脳ですね。(^_^;)

さらに食べやすいように半分に切りました。

一応塩コショウしまして、

小麦粉、溶き卵、パン粉を付けて

カラッとあげます。

キャベツを添えて完成!

中濃ソースをかけて食べました。
うまし!

美味しんぼに言わせると河豚の白子に匹敵する旨さです。

トロッとしてて、クリーミーで、クリームコロッケを食べてるような、、、

とにかくウマイです。

これは猟師の特権ですね。

小鹿さんありがとう!\(^o^)/

ちょっとグロいけど食べてみたい!と思った方はポチ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

にほんブログ村



カテゴリー: 料理   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です