撃たれていたカモ


2017年11月18日土曜日。夜。

今季初獲物〜。ってことで、獲ってきた夜は解体です。
鴨の解体は何度も載せてますので書くまでもないかなと思いますが一応記録。

いつも風呂場で解体します。
袋に入れて持って返ってくるので丸くなって固まっています。

ダウンを残しつつ荒く毟ります。

羽毟り用のワックスは久しぶりに出すと縮こまってました。
ワックスでの羽毟りについて詳しくはこちらを。
http://appleharikyu.jp/hunter/?p=1750

ワックスを火にかけ溶かし、鴨をドポーンと漬けて、水を張ったバケツで冷やし固めます。

よく冷え固まったら風呂場に戻って解体。

ベリベリと剥がしていきます。

んん?左の手羽元の骨がおかしい。
一回折れてからくっついてますね。

よく見ると折れた骨のそばに散弾らしき影が。
まだ猟期に入って間もないですので、治癒具合からして去年の猟期に撃たれたんでしょうねえ。

それで脂もあんまり乗ってない感じなのかな?

首と羽と足を落として丸鶏状態に。

毟ったゴミはひとまとめに。

心臓と砂肝とレバーを取り出し、処理完了。

このまましばらく冷蔵庫で保管します。

お疲れ様でした。



カテゴリー: 解体   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です