放置されていたカモ


2017年11月23日木曜日。夜。

先日(雨の日はいつもとちょっと違う。)獲った鴨。
実はいろいろあって腸も取らずに放置されていました。(^_^;)

とりあえず捌きにかかります。

毛をムシって、

ワックスつけてベリベリ。
ワックスに関しては省略。他のページ探してね。

きれいに剥けました。

前のカモに比べて若干、脂のノリは良いようです。

さて、問題のお腹です。
内容物を傷つけないように開きます。

総排泄孔もぐるっと切り取ってね。

内容物を引きちぎらないようにゆっくりと力強く引き抜きます。
首を切り落としているので、砂肝から続く食道もきれいに抜けました。

お腹にキッチンペーパーを詰めてしばし熟成させたいと思います。

特に怪しい匂いも無かったし違いはあるのかなあ?



カテゴリー: 解体   パーマリンク

放置されていたカモ への2件のコメント

  1. ジロー より:

    いいですね。私も空気銃で小鳥等の狩猟をやってみたいです。
    獲物の解体の仕方はどうやって覚えたのでしょうか?
    街暮らしの平和ボケの私には、少々度胸のいる所作ですが
    覚えたいです。

    • apple hunter より:

      コメントありがとうございます。\(^o^)/
      解体はほとんど独学ですね。
      元々料理は好きで魚も捌けましたし、
      比較して良いのか分かりませんが、医者ではないですが医療系の学校を出て仕事してますので解剖学的な知識も役に立っていると思います。
      血とか臓物は、、、慣れですね。(^_^;)
      イノシシや鹿など大物四脚よりは、鳥類のほうが若干取り付きやすいかと思います。
      クリスマスあたりに丸鶏を買って調理してみてはどうでしょう?^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です